【宮城・仙台】電力会社、電気工事会社向け特殊機器の製造・販売・レンタル

電力会社および電気工事会社向け特殊機器の製造、販売、レンタル

はじめに

電力会社および電気工事会社向け特殊機器の製造、販売、レンタルを行っています。
また、お客様のニーズに合う計測装置または計測システムの開発、製作、測定データの収集、処理、 解析まで一貫したサービスをご提供します。
測定、データ解析のみといった部分的な業務についても弊社にお任せ下さい。

新着情報

2017/06/29

低抵抗測定装置CVE-30(新製品)を追加しました。

2017/04/21

VT・CT回路負担測定器(委託研究紹介)を追加しました。

2016/12/21

電圧電流位相差計CVE-32(新製品)を追加しました。

2016/06/01

制御系作業用検電・測定器CVE-31(新製品)を追加しました。

2016/05/18

CVE-27を有線LAN方式が追加されたCVE-27Aに変更しました。

2016/04/01

CVE-17をCVE-17Aに変更しました。

2016/03/01

ホームページをリニューアルしました。

弊社販売製品

低抵抗測定装置CVE-30新製品

特長

  • 広い抵抗測定範囲
  • 熱起電力の影響を排除
  • 温度測定機能
  • リピート機能およびデータ保存機能
  • タッチパネルによる操作、表示

製品について

長年みなさまにご愛顧頂いております低抵抗測定装置CVE-18をベースにして、材料、試料の体積抵抗率及び温度係数の測定・検査にご利用頂けるように改良しました。

電圧電流位相差計CVE-32

特長

  • 位相差測定および実効値測定
  • 電圧突き合わせ試験やVCT組み合わせ試験を想定した仕様
  • 3相同時試験
  • ターミナル入力
  • 印刷機能
  • タッチパネルによる操作、表示

製品について

発変電所における、電圧突き合わせ試験やVCT組み合わせ試験に使用する事を想定した位相計です。位相に加え、電圧、電流実効値の測定も可能です。
本製品は東北電力(株)須賀川技術センター様にご指導頂き開発致しました。

コードレスVCT組合せ試験装置 CVE-27A

特長

  • コードレスで基準側、比較側の電圧、電流の総合位相誤差を3゚以下で測定できる
  • 測定結果は自動的に Excel Worksheetに入力、表示される
  • 遠隔地におけるVCT組合せ試験や電圧突合せ試験ができる

製品について

2地点の電圧信号又は電流信号をケーブル等で1つの計測器に接続することなくVCT組合せ試験や電圧突合せ試験を行うことができます。基準側及び比較側の それぞれの地点に計測ユニットを置き、内蔵時計により同時刻に測定を行い、その測定データを有線・無線LAN又は携帯電話によりセンターユニット(ノートパソコン)に伝送し、Excelでそれらのデータを表示します。 「コードレスVCT組合せ試験装置(CVE-27)」は東北電力株式会社 仙台技術センター様と弊社との共同研究により平成22年度に開発されたものです。本試験装置により、VCT組合せ試験や電圧突合せ 試験の作業を大幅に省力化すると共に、これらの作業に伴うヒューマンエラーを低減できます。

本製品は特許(5142167号)を取得しています。

※東北電力株式会社様の「研究開発センタートピックス 2013 No107」に本製品の開発について掲載されました。その全文をご紹介致します。

制御系作業用検電・測定器CVE-31

特長

  • 一台で交流電圧、直流電圧、交流電流、直流電流が全て検電・測定可能
  • 電圧プローブにも極性判別用LEDが実装されており、手元でも確認可能
  • センターメーターにより、DC ±125Vの電圧が測定可能
  • 交流、直流レンジは自動で判別
  • 高抵抗入力(5MΩ)のためミストリップを防止

製品について

配電盤作業におけるテスターのレンジ間違いやジャックの挿入誤りが原因の災害を防止した検電・測定器です。
本製品は株式会社ユアテック様との共同開発品です。

変流器総合試験器 CVE-3A

特長

  • 変流比試験および極性試験
  • 三相連続試験
  • 試験用電源内蔵
  • 履歴読み出し機能
  • タッチパネルによる操作表示
  • 印刷、データ保存機能

製品について

各種電気所における計器用変流器の新設・変更工事後に接続確認試験を簡単に行うことができるように電源と変流比試験器、極性試験器を一体化しました。

低抵抗測定装置 CVE-18

特長

  • 遮断器に優しい測定
  • 三相分の測定結果を表示・印刷
  • 現場で使用しやすい形状

製品について

電力用遮断器等の主接触部の接触抵抗を測定するための装置です。接触部に10Aの電流を流し、 四端子法により抵抗値を算出します。 従来機(CVE-2)を自動化しました。

低抵抗測定装置 CVE-2

特長

  • 通電電流を0~20Aの範囲で可変できる
  • 低価格
  • 現場で使用しやすい形状

製品について

電力用遮断器等の主接触部の接触抵抗を測定するための装置です。接触部に20A (10Aでも測定可)の電流を流し、四端子法により抵抗値を算出します。

発変電所主回路一次通電試験装置 CVE-22

特長

  • 機器の一体化
  • 装置の軽量化
  • 操作の簡略化
  • 試験の省力化
  • 一次側試験,二次側試験の両方に対応

製品について

発変電所の工事等において主回路及びVCT回路の確認試験を実施する必要がありますが、本装置は発変電所主回路に試験電圧を印加し、主回路検相及びVCT二次回路の総合的な確認試験を行うことを目的とし、平成16年、17年に東北電力(株)山形技術センター様の委託研究により開発・改良されたものです。

定常電圧発生器 CVE-23

特長

  • 商用電源(AC100V)を使用
  • 小型軽量
  • 取り扱いが簡単(専用器であるため調整不要)
  • 低価格(従来器のおよそ1/10以下)

製品について

定常電圧を容易に得るための装置です。近年、デジタル型配電盤の導入が拡大しています。そのシーケンス 試験を実施する場合、定常電圧、即ち母線電圧として110V(線間)の三相交流電圧、線路電圧として 母線電圧と同期とした63.5Vまたは110Vの単相交流電圧を印加しておく必要があります。
従来、この定常電圧を得るため、三相無歪試験器等が使用されていましたが、それはサイズ、重量が 大きく高価な上、汎用装置のため調整が必要でした。これを改善するため、東北電力(株)盛岡技術センター様の平成18年度 委託研究により開発されたものです。

VCT回路負担測定器 CVE-17A

特長

  • VT、CT試験用電源を内蔵し、 工事竣工前に負担測定ができる。
  • 負担値、定格換算負担値を自動的に算出すると共にプリンタで容易に記録できる。
  • VT、CT各3接続方式に対応した負担測定が可能である。

製品について

変電所等におけるVCT回路負担測定を安全且つ容易に行うための測定器です。負担測定の 現状は、工事竣工後、設備を充電した状態で各相ごとに電圧、電流計によりその指示値を読み取り、電 卓等により測定時点での負担値及び定格換算値を算出しています。
この煩雑な作業を充電した設備内で行うことには、事故等の危険性がありました。 本測定器を使用することにより工事施工前に、作業を安全かつ容易に行うことができます。

ダイオードユニット CVE-29

特長

  • 大電流対応
  • ノーヒューズブレーカによる保護

製品について

本ダイオードユニットを電源と蓄電池等の間に接続する事により、逆流防止並びに逆起電力による破損の防止を行う事ができます。
本製品は東北電力(株)仙台技術センター様にご指導頂き開発致しました。

委託研究紹介

VT・CT回路負担測定器 CVE-33

特長

  • 試験用電源および電圧・電流測定器を内蔵
  • 簡単でスピーディな測定
  • 小型軽量
  • 2種類の接続端子
  • 安全設計

製品について

発変電所における、VT、CTおよびEVT3次回路負担測定を安全かつ容易に行う事を目的とした測定器です。
平成28年度に東北電力株式会社 北上技術センター様の委託研究により開発したものです。
 ※ 未販売品です。

PAGE UP

Copyright © 2016 CVEngineering Corporation., all rights reserved.